鎌倉山にある設計事務所です。新築・リフォーム・外構工事などお気軽にお問い合わせください。

家づくり

  • HOME »
  • 家づくり


ポリシー&基本設定

ハウスオブポタリーでは在来工法(軸組工法)で設計施工しております。枠組工法(2×4)での施工も承れますが基本的には日本古来から伝わる軸組工法を推奨しております。また在来工法は枠組工法に比べ、設計の自由度が高く増改築の対応に融通がききます。一般的に枠組工法の方が施工する大工さんの腕の良し悪しに関係なく、耐震性や断熱性能、気密性能を確保しやすいと言われていますが、House of Potteryでは信頼のおける熟練された大工さんと協力し合って施工を行っており1棟1棟を時間をかけてじっくりと作ってまいります。また施工監理もハウスオブポタリーで行いますので、打合せ内容や変更事項が現場に伝わらないといったこともありません。

①地盤調査

基礎工事が始まる前に地盤調査(スウェーデン式サウンディング方式等)を行います。 結果によってその地盤にあった基礎(根入れの深さや底板の厚みなど)や杭の必要性を検討いたします。



②基礎(べた基礎)

基礎の立ち上がりだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。 また地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。




③防湿パッキン・束石・防腐剤・断熱材




④構造材

軸組み、筋交い、土台、柱は120角(通し・管柱)で施工いたします。(住宅メーカーなどは105角で使用するところもあります)それにあわせて胴差し・桁、梁なども成が大きいものを使用します。筋交いは開口部以外はほぼすべてにダブルでいれることで耐震性能の高い建物にします。




⑤内装

予算範囲内で可能な限り自然素材を用いて仕上げます。

床:無垢材フローリング(パイン材を使用することが多いです)
その他(集成フローリング 磁器タイル CFシート)
壁:漆喰仕上げ
その他(クロス PB塗装仕上げ タイル)
天井:漆喰仕上げ
その他(クロス PB塗装仕上げ)






⑥窓(ペアガラス)・外壁

窓ほど家のプロポーションが左右されるものはありません。内部からの使い勝手(彩光・風の通り道・大きい荷物の出し入れ)だけでなく外からの見た目も大事です。





⑦外構

欧米では通りに面しているフロントガーデンなど周囲に影響を与える部分を美しく整えることは必須項目です。 近隣の環境を良くすることで土地や建物の資産価値が上がると考えるからです。アプローチは家の印象を決める大切なポイントです。家と外構が互いにコラボレーションをしあい、ひきあげあう外構プランを考えます。家と外構の予算配分もとても大切です。





PAGETOP
Copyright © ハウスオブポタリー二級建築士事務所 All Rights Reserved.